著作一覧

鈴木 聖子  すずき せいこ

1971年東京都生まれ。2012年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程(文化資源学)単位取得退学、東京大学東京大学大学院人文社会系研究科附属次世代人文学開発センター特別研究員などを経て、現在はパリ・ディドロ大学(パリ第七大学)東アジア言語文化学部・助教。京都造形芸術大学・非常勤講師。博士(文学)。
専門は近代日本音楽芸能史、音楽芸能の文化資源学(文化資源としての活用)。
共著に『伝統を読みなおす1 日本文化の源流を探る』野村朋弘編(京都造形芸術大学出版局、2014)、論文に「近代における雅楽概念の形成過程」『文化資源学会』第4号(2006)、« Le gagaku, musique de l’Empire : Tanabe Hisao et le patrimoine musical comme identité nationale(雅楽、皇国の音楽:田辺尚雄と民族アイデンティティとしての音楽遺産) », Cipango, 20号(2013、URL : https://journals.openedition.org/cipango/1999 )、「沖縄音楽の録音採集における周縁性の諸相」『京都造形芸術大学紀要GENESIS』20号(2016、URL : http://id.nii.ac.jp/1152/00000175/)など。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
930351.jpg

〈雅楽〉の誕生 田辺尚雄が見た大東亜の響き

鈴木聖子

発行日:2019年1月 ISBN:978-4-393-93035-9

定価:本体 3,500 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |