著作一覧

樋野 興夫  ひの おきお

医学博士。順天堂大学医学部(病理・腫瘍学)・国際教養学部教授(併任)。一般社団法人 がん哲学外来理事長。恵泉女学園理事。東京女子大学理事。
1954年島根県生まれ。癌研究会癌研究所、米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェイスがんセンターなどを経て現職。2002年癌研究会 学術賞、2003年高松宮妃癌研究基金 学術賞、2004年新渡戸・南原賞、2018年 朝日がん大賞、長與又郎賞。
『がん哲学外来入門』(毎日新聞社)『がん哲学外来へようこそ』(新潮社)『「今日」という日の花を摘む』(実業之日本社)『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』(幻冬舎)『がんばりすぎない、悲しみすぎない、「がん患者の家族」のための言葉の処方箋』(講談社)など著書多数。
がん患者さんの不安や悩み、どうしようもない気持ちを受け止めるために対話の必要性を痛感して、2008年「がん哲学外来」を創設。悩みを解消し前向きに生きる「言葉の処方箋」を提供している。
そうした悩みを和らげる対話の場がメディカル・カフェとして現在、全国約150ヶ所で展開され、個人面談や講演を通じて、患者さんやその家族の支援を精力的に行っている。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
716331.jpg

楕円形のこころ がん哲学エッセンス

樋野興夫

発行日:2018年12月 ISBN:978-4-393-71633-5

定価:本体 1,500 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |