著作一覧

釈 宗演  しゃく そうえん

一八五九年十二月十八日、福井県若狭高浜に生まれる。十二歳の時、京都妙心寺の釈越渓老師の弟子となり出家。一八七八年より鎌倉円覚寺の今北洪川老師の下で修行。禅道修行のかたわら一八八五年、慶應義塾大学に入学し、福沢諭吉に英語、洋学を学ぶ。二九歳の時に、セイロン(現在のスリランカ)に三年に渡って留学。帰国後の一八九二年、三四歳で円覚寺派管長に就任。一八九三年、シカゴ万国博覧会の一環として開催された第一回万国宗教会議に参加し、日本人の僧として初めて仏教を紹介。これをきっかけとして「禅」が「ZEN」として欧米に広まることになった。

□略年譜□
安政六年(一八五九)  十二月十八日福井県高浜一瀬家に生まれる。
明治三年(一八七〇) 十二歳、越溪について得度。
明治六年(一八七三) 十五歳、建仁寺俊崖に就学。
明治九年(一八七六) 十八歳、三井寺に倶舍を学ぶ。
明治十年(一八七七) 十九歳、曹源寺儀山に参じる。
明治十一年(一八七八) 二十歳、円覚寺洪川に参じる。
明治十六年(一八八三) 二五歳、洪川に印可され、十一月立班式を行う。
明治十七年(一八八四) 二六歳、永田僧堂に禅海一瀾を提唱。
六月仏日庵に住す。
明治十八年(一八八五) 二七歳、慶應義塾に修学。
明治二十年(一八八七) 二九歳、セイロンに遊学。
明治二二年(一八八九) 三一歳、帰朝、永田僧堂師家となる。
明治二五年(一八九二) 三四歳、洪川遷化、円覚寺管長就任、開堂。
明治二六年(一八九三) 三五歳、シカゴ万国宗教大会に渡米。
明治三四年(一九〇一) 四三歳、「座右の銘」を著す。
明治三六年(一九〇三) 四五歳、建長寺管長兼職。
明治三七年(一九〇四) 四六歳、日露従軍僧となる。
明治三八年(一九〇五) 四七歳、建長・円覚両派管長を辞し東慶寺に遷る。
六月よりアメリカ、ヨーロッパ、印度巡遊。
明治三九年(一九〇六) 四八歳、九月帰朝。
大正三年(一九一四) 五六歳、臨済宗大学長となる。
大正五年(一九一六) 五八歳、六月円覚寺派管長再任。
大正六年(一九一七) 五九歳、臨済宗大学長を辞す。
大正八年(一九一九) 六一歳、六月病臥、十一月一日遷化。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
144341.jpg

観音経講話

釈宗演

発行日:2018年11月 ISBN:978-4-393-14434-3

定価:本体 3,000 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |