著作一覧

H.グリモー 

エレーヌ・グリモー(Helene Grimaud)

1969年、エクサンプロヴァンスに生まれる。マルセイユ音楽院でピエール・バルビゼに師事した後、13歳でパリ国立高等音楽院(CNSMDP)に進学、ソリストとしての研鑚を積み、1987年に東京で最初のリサイタルを行った。その後、ダニエル・バレンボエム、クラウディオ・アバド、ウラディミール・アシュケナージ、ピエール・ブーレーズ、リッカルド・シャイー、デイヴィッド・ジンマンなど名だたる指揮者と共演、好評を博している。また、15歳でのCDデビューから現在に至るまで、さまざまな楽曲の録音を世に送り出し、2016年1月には「水」をテーマにした楽曲を収めた『ウォーター (Water)』、2017年4月にベスト盤『パースペクティヴ(Percepectives)』を、2018年9月には「記憶」をテーマにした『メモリー(Memory)』をリリース。
執筆活動も行う彼女は、2003年に処女作Variations sauvages (Éditions Robert Laffont)(『野生のしらべ』北代美和子訳、ランダムハウス講談社、2004年)、2005年にLeçons particulières (Éditions Robert Laffont)、2013年にRetour à Salem (Éditions Albin Michel)を出版し、世界中の多くの読者を魅了している。
野生動物の保護育成にも積極的に取り組み、1999年にアメリカにオオカミの保護育成施設「ニューヨーク・ウルフ・センター」を設立。2006年までアメリカに居住していたが、現在はスイスを拠点に、旺盛な演奏活動を続けている。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
936011.jpg

幸せのレッスン

H.グリモー
横道朝子

発行日:2018年10月 ISBN:978-4-393-93601-6

定価:本体 2,200 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |