著作一覧

伊藤 由希子  いとう ゆきこ

1975年、神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。東京大学死生学・応用倫理センター特任研究員などを経て、現在、鎌倉女子大学専任講師。専攻は、倫理学・日本思想史。
主な著書に、『仏と天皇と「日本国」――『日本霊異記』を読む』(ぺりかん社)、『死者はどこへいくのか―― 死をめぐる人類五○○○年の歴史』(共著、河出書房新社)など、主な論文に、「「聖(ひじり)」と「凡人(ただびと)」」(『倫理学年報』第58集)、「天皇の「恥」が意味するもの」(『日本思想史学』第42号)、「「老を養ふ」」(『死生学研究』第17号)などがある。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
313021.jpg

女たちの精神史 明治から昭和の時代

伊藤由希子

発行日:2018年8月 ISBN:978-4-393-31302-2

定価:本体 2,200 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |