著作一覧

丸山 空大  まるやま たかお

1982年、東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了。現在、東洋英和女学院大学、東京工科大学非常勤講師。博士(文学)。専門は宗教学、近代ドイツ・ユダヤ思想。主要論文に「ローゼンツヴァイクの回心譚を再考する」(『京都ユダヤ思想』、第5号、2015年)、「後期へルマン・コーエンの宗教哲学とメシアニズム」(『宗教哲学研究』、第30号、2013年)、"Prayer and Paganism" (The Proceedings of the Franz Rosenzweig Gesellschaft,vol.1, 2014)、「血、民族、神――初期マルティン・ブーバーの思想の展開とそのユダヤ教(Judentum)理解の変遷」(『宗教研究』第368号、2011年)ほか。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
323661.jpg

ウィトゲンシュタイン『秘密の日記』 第一次世界大戦と『論理哲学論考』

L.ウィトゲンシュタイン
丸山空大
星川啓慈 / 石神郁馬解説

発行日:2016年4月 ISBN:978-4-393-32366-3

定価:本体 2,800 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |