著作一覧

M.シュテークマン 

モニカ・シュテークマン (Monica Steegmann)
1942年生まれ。音楽学で博士号取得、副専攻として社会学と演劇学を学ぶ。ティッセン財団奨学生。雑誌『音楽 メディア』の編集者、メキシコ・シティのクラシック・ラジオ局XELAの編成部員をつとめる。1977年より1990年まで、南ドイツ放送の室内楽部門で番組編成と制作にたずさわる。その後はフリーの作家、ジャーナリストとして活躍。ベルリン在住。ヘンレ原典版楽譜の多くを編纂したほか、『音楽と産業−工場オーケストラと工場コーラスの発展』(レーゲンスブルク1978)、『ピアノにむかう女性たち―著名な女性ピアニストたちの生涯』(フランクフルト/ライプツィヒ1996, エーファ・リーガーとの共著)、『神さまは私に才能を授けてくださった―ヘルマン・ヘルテル、リヒャルトとヘレーネ・ショーネ夫妻に宛てたクララ・シューマンの書簡』(ツューリヒ/マインツ 1997)、『女神の歌声―著名な女性歌手たちの生涯 エリーザベト・マーラからマリア・カラスまで』(フランクフルト/ライプツィヒ 2000, エーファ・リーガーとの共著)など著書多数。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
935851.jpg

クララ・シューマン

M.シュテークマン
玉川裕子

発行日:2014年9月 ISBN:978-4-393-93585-9

定価:本体 2,800 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |