著作一覧

塚田 健一  つかだ けんいち

1950年東京生まれ。インディアナ大学大学院人類学科修士課程修了、ベルファスト・クイーンズ大学大学院社会人類学科博士課程修了。Ph.D。広島市立大学国際学部教授。音楽人類学・文化人類学専攻。国際伝統音楽学会理事、国際アフリカ音楽舞踊センター理事、ユネスコ無形文化遺産審査委員(アフリカ担当)などを歴任。音楽学と人類学の境界領域で、これまでアフリカのほか、台湾山地、パプアニューギニア、沖縄などの音楽文化の研究に従事。おもな著書に『アフリカの音の世界』(新書館、2000)、『世界は音に満ちている−音楽人類学の冒険』(新書館、2001)、『Kenichi Tsukada & Ryuichi Sakamoto Selections: Traditional Music in Africa』(共著、エイベックス、2012)、『アフリカ音楽学の挑戦―伝統と変容の音楽民族誌』(世界思想社、2014)など。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌1件のうち、1〜1件目を表示しています。 1 |
424581.jpg

文化人類学の冒険 人間・社会・音楽

塚田健一

発行日:2014年2月 ISBN:978-4-393-42458-2

定価:本体 2,300 円+税

在庫あり

該当書誌 1 件のうち、 1 〜 1 件目を表示しています。 1 |