著作一覧

山崎 章郎  やまざき ふみお

1947年、福島県生まれ。千葉大学医学部卒業後、同大学病院勤務。1984年より八日市場市民総合病院(現・匝瑳市)にて消化器医長を務め、院内外の人々とターミナルケア研究会を開催。1990年、『病院で死ぬということ』刊行。91年より聖ヨハネ会総合病院桜町病院(東京・小金井市)に移り、05年までホスピス科部長を務める。05年10月にケアタウン小平クリニック(東京・小平市)を開設。現在、ケアタウン小平クリニック院長。NPO法人コミュニティケアリンク東京理事長。聖ヨハネホスピス研究所所長、日本死の臨床研究会事務局長。著書に『病院で死ぬということ』(正・続、ともに主婦の友社/のちに文春文庫へ収録)、『ホスピス宣言』(米沢慧との共著、春秋社)、『河辺家のホスピス絵日記』(河辺貴子との共著、東京書籍)『新ホスピス宣言』(米沢との共著、雲母書房)、『家で死ぬということ』(海竜社)、『病院で死ぬのはもったいない』(二ノ坂保喜、米沢との共著、春秋社)などがある。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌4件のうち、1〜4件目を表示しています。 1 |
365401.jpg

市民ホスピスへの道 〈いのち〉の受けとめ手になること

山崎章郎 / 二ノ坂保喜 / 米沢慧

発行日:2015年12月 ISBN:978-4-393-36540-3

定価:本体 1,800 円+税

在庫あり

365211.jpg

病院で死ぬのはもったいない 〈いのち〉を受けとめる新しい町へ

山崎章郎 / 二ノ坂保喜
米沢慧

発行日:2012年8月 ISBN:978-4-393-36521-2

定価:本体 1,800 円+税

在庫あり

364991.jpg

19歳の君へ 人が生き、死ぬということ

日野原重明編著
山崎章郎 / A.デーケン / 石垣靖子 / 紀伊國献三 / 岡部健 / 木澤義之 / 向山雄人 / 沼野尚美 / 眞嶋朋子

発行日:2008年8月 ISBN:978-4-393-36499-4

定価:本体 1,700 円+税

在庫あり

364561.jpg

ホスピス宣言 ホスピスで生きるということ

山崎章郎
米沢慧聞き手

発行日:2000年6月 ISBN:978-4-393-36456-7

定価:本体 1,700 円+税

品切・重版未定

該当書誌 4 件のうち、 1 〜 4 件目を表示しています。 1 |