著作一覧

仙道 作三  せんどう さくぞう

作曲家、演出家、エッセイスト。1945年生まれ、秋田県羽後町出身。中学卒業後集団就職で上京。葛飾区の町工場で働きながら19歳でクラシックギターを学び、音楽理論を独学する。26歳で作曲家・音楽学者柴田南雄の内弟子となり、8年間師事。音楽のみならず、哲学、文学、民俗学等、幅広く研鑽を積む。作品は、仏教経典、古事記、源氏物語、近・現代の文学を題材に、与謝野晶子、松尾芭蕉、樋口一葉、小林一茶など、数多くのオペラを発表。また環境オペラや水の交響詩「荒川・隅田川」などアクチュアルな試みを展開している(作品数88曲)。宮沢賢治賞奨励賞をはじめ受賞多数。現在、荒川区顧問。
著書に『わがオペラの幕はあがる』(春秋社)、『ちばの音風景』(崙書房)、音楽CDに交響詩「利根川」、交響詩「多摩川」、星野富弘詩画集による「あなたの手のひら」などがある。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌2件のうち、1〜2件目を表示しています。 1 |
373261.jpg

東北・大地をゆく

仙道作三

発行日:2012年3月 ISBN:978-4-393-37326-2

定価:本体 1,700 円+税

在庫僅少

495141.jpg

わがオペラの幕は上がる 集団就職から作曲家になるまで

仙道作三

発行日:1996年7月 ISBN:978-4-393-49514-8

定価:本体 1,700 円+税

品切・重版未定

該当書誌 2 件のうち、 1 〜 2 件目を表示しています。 1 |