著作一覧

上岡 陽江  かみおか はるえ

1957年生まれ。ダルク女性ハウス施設長/精神保健福祉士。10代から処方薬依存・摂食障害・アルコール依存を経験し、20代半ばで回復プログラムにつながる。1991年に薬物・アルコール依存症をもつ女性をサポートするダルク女性ハウスを設立。依存症の母親とその子どものための包括的な支援に注力。当事者への支援に加え、援助職者のための研修、グループワーク、スーパーバイジングなどにも従事。2018年より東京大学熊谷晋一郎研究室にて協力研究員として、当事者研究事業に参加。共著書に『生きのびるための犯罪(みち)』(イースト・プレス)、『その後の不自由』(医学書院)などがある。

表示順: 表示件数: 件   
該当書誌2件のうち、1〜2件目を表示しています。 1 |
365591.jpg

被害と加害をとらえなおす 虐待について語るということ

信田さよ子 / S.キャンベル / 上岡陽江

発行日:2019年10月 ISBN:978-4-393-36559-5

定価:本体 1,800 円+税

在庫あり

364751.jpg

虐待という迷宮

信田さよ子 / S.キャンベル / 上岡陽江

発行日:2004年9月 ISBN:978-4-393-36475-8

定価:本体 1,700 円+税

品切・重版未定

該当書誌 2 件のうち、 1 〜 2 件目を表示しています。 1 |