セックス・アンド・デス 翻訳割愛箇所

セックス・アンド・デス

セックス・アンド・デス
生物学の哲学への招待

K.ステレルニー / P.グリフィス著
太田紘史 / 大塚淳 / 田中泉吏 / 中尾央 / 西村正秀 / 藤川直也訳
松本俊吉監修・解題


「セックス・アンド・デス」書籍詳細はこちら



訳者まえがき

 ここでは、本書で紙数の都合などのためにやむなく割愛した部分の邦訳を掲載する。これらは担当の訳者がたたき台となる原稿を作成し、それに対して他の共訳者が検討を加え、それに基づいた修正を訳者が再び行うことによって出来上がったものである。したがって、文責は共訳者全員にある。
 凡例については本書ixページを参照されたい。また、参考文献は本書のリストにないもののみ掲載してある。当然のことながら、これら割愛部分の内容は本書の他の部分と一緒に読んではじめて十分に理解できるものである。したがって、これらを読む際にはぜひ本書を手元に置いて頂きたい。
 最後に、割愛部分のウェブ掲載を許可して頂いた原著者のステレルニー教授とグリフィス教授およびシカゴ大学出版会、さらにウェブ掲載用のページを準備して頂いた春秋社の各位に感謝の意を表したい。(訳者一同)



翻訳割愛箇所(※以下よりPDFファイルを閲覧及びダウンロードしてください。)

序(PDF)
原書第8章5・6節(PDF)
原書第9章4節(PDF)
原書第11章5・6節(PDF)  NEW!
原書第12章(PDF)
原書第14章(PDF)
跋(PDF)  NEW!

以上をもって原書割愛箇所全文となります。