モーツァルトの「断章」自筆譜とその音源

【ご紹介】本ウェブサイトは、クリストフ・ヴォルフ著、礒山雅訳による『モーツァルト 最後の四年〜栄光への門出』(春秋社)第6章「『作曲しましたが、まだ書き下ろしていません』〜ついに聴かれることのなかった音楽」への補いとして公開するものです。原著のために作られた英文ウェブサイトのアドレス(http://people.fas.harvard.edu/~cwolff/)を訳書に記載していますが、この度、柴田文彦さんのご尽力により、その日本語ページを開設することができました。

モーツァルトは既存の作品に加えて、彼が頭の中で「作曲」したであろう作品への手がかりとなる楽譜を、かなりの数遺しました。それらは断片的なスケッチではなく、整ったスコアに記入された、イメージ豊かな骨組みです。モーツァルトがその気になればいつでも先へ進めるよう、断章は継続を待っていたのでした。選ばれた4例は「モーツァルト 最後の4年」間に記譜された室内楽曲のもので、これらのジャンルでさらに前進しようとするモーツァルトの円熟した構想を、みごとに伝えてくれます。カラー画像による美麗な自筆譜と、専用に録音されたその貴重な音源をお楽しみください。くわしい分析と解説は、訳書第6章をどうぞ。(2015.12.31 礒山雅・記)

表紙

モーツァルト 最後の四年 栄光への門出
春秋社 (ISBN978-4-393-93200-1)

クリストフ・ヴォルフ (Chritoph Wolff)[著]
礒山 雅 (Tadashi Isoyama)[訳] 越懸澤麻衣(Mai Koshikakezawa)[翻訳協力]

著者による注釈

このウェブサイトで公開される自筆譜ファクリミリとその録音は、未完のまま遺されたモーツァルトの室内楽曲に関する拙著第6章の論述を補足するものです。

以下に公開されているカラーの自筆譜画像は、拙著には白黒で掲載されている参照譜(図6−6〜9)と同一のものです。カラー画像であるため、用いられた複数のインクの判別をはじめとして、はるかに豊かな細部を識別できるはずです。たとえば自筆譜1の三重奏曲で、後からの書き込みが黒インクで行われていることをご確認ください。

ここに論じられている断章の校訂された楽譜は、新モーツァルト全集(Neue Mozart-Ausgabe)の中で出版されており、研究用のウェブサイト(http://dme.mozarteum.at/DME/nma)で参照・ダウンロードすることができます。以下がその該当ページです。

これらの自筆譜・校訂譜への補いとして、演奏会や市販のCDでは手に入れることのできない貴重な音源を作成しました。これらは、ハーバード大学の音楽学部において、2008年から2012年の間に、同大学の Blodgett Quartet-in-Residenceである Chiara String Quartetによって行われた演奏の録音です。演奏者は、Rebecca Fischer(ヴァイオリン)、Julie Hye-Yung Yoon(ヴァイオリン)、Jonah Sirota(ヴィオラ)、Gregory Beaver(チェロ)、およびClark Potter(第2ヴィオラ)の方々です。録音エンジニアはSteven Gottlieb、プロデューサーはChristopher Marksが担当しています。演奏では、モーツァルトが書き記した音符に何ひとつ加えることなく、断章スコアが忠実に再現されています。

2012年4月 マサチューセッツ・ケンブリッジにて

クリストフ・ヴォルフ

(諸機関や個人への謝辞については原サイトをご覧ください。)

自筆譜1:弦楽三重奏曲ト長調 K. Anh. 66/Fr 1789g
        提示部全体と展開部冒頭

自筆譜断章、 全100小節(ケンブリッジ・フィッツウィリアム博物館: MuMs. 905)
訳書第6章:図6-7上、右上、右下(P.228〜229)

演奏:Julie Hye-Yung Yoon (violin), Jonah Sirota (viola), and Gregory Beaver (violoncello)
66a
ページ 1: 弦楽三重奏曲ト長調, K. Anh. 66/Fr 1789g: 小節 1-44
66b
ページ 2: 弦楽三重奏曲ト長調: 小節 45-82
66c
ページ 3: 弦楽三重奏曲ト長調: 小節 83-100

自筆譜2:弦楽四重奏曲ト短調 K. Anh. 74/Fr. 1789i
        未完の提示部

却下された自筆草稿, 全25 小節(ザルツブルク・モーツァルテウム財団, Bibliotheca Mozartiana: KV6 587a)
訳書第6章:図6-6(P.217)

演奏:Rebecca Fischer (violin), Julie Hye-Yung Yoon (violin), Jonah Sirota (viola), and Gregory Beaver (violoncello)
74
ページ 1: 弦楽四重奏曲ト短調, K. Anh. 74/Fr 1789i
ページ 2(未掲載): 種々のスケッチ。《コジ・ファン・トゥッテ》第16場用のカノンを含む

自筆譜3:弦楽四重奏曲ホ短調, K. Anh. 84/Fr 1789b
        未完の提示部

自筆の断章、 全54 小節(ザルツブルク・モーツァルテウム財団, Bibliotheca Mozartiana KV6 417d)
訳書第6章:図6-8上、下(P.233)

演奏:Rebecca Fischer (violin), Julie Hye-Yung Yoon (violin), Jonah Sirota (viola), and Gregory Beaver (violoncello)
84a
ページ 1: 弦楽四重奏曲ホ短調 K. Anh. 84/Fr 1789b: 小節 1-28
84b
ページ 2: 弦楽四重奏曲ホ短調: 小節 29-54

自筆譜4:弦楽五重奏曲イ短調 K. Anh. 79/Fr 1791c
        完成された提示部

自筆の断章, 全72 小節(fols. 1-2: ベルガモ、ドニゼッティ図書館: Legato Piatti Lochis;
fol. 3: ザルツブルク・モーツァルテウム財団, Bibliotheca Mozartiana: KV6 515c)
訳書第6章:図6-9(P.235〜237)

演奏:Rebecca Fischer, Julie Hye-Yung Yoon (violins), Jonah Sirota, Clark Potter (violas), and Gregory Beaver (violoncello)
79a
ページ 1: 弦楽五重奏曲イ短調, K. Anh. 79/Fr 1791c: 小節 1-13
79b
ページ 2: 弦楽五重奏曲イ短調: 小節14-27
79c
ページ 3: 弦楽五重奏曲イ短調: 小節 28-44
79d
ページ 4: 弦楽五重奏曲イ短調: 小節 45-57
79e
ページ 5: 弦楽五重奏曲イ短調: 小節 58-72
ページ 6:(未掲載)

Copyrightc 2012 by the President and Fellows of Harvard College
春秋社トップへ