ローマが風景になったとき 西欧近代風景画の誕生

ろーまがふうけいになったとき  せいおうきんだいふうけいがのたんじょう
ローマが風景になったとき

小針由紀隆

A5 ● 256頁
発行日:2010年2月 ISBN:978-4-393-95507-9
口絵7

定価:本体2,500円+税

品切・重版未定

風景画はいつ、どのようにしてアトリエの芸術から戸外の芸術になったか。18世紀後半からイタリアで興隆し、西欧各地に広まった油彩スケッチのありようを実証的かつダイナミックに捉えた労作。人間と自然の新しい関係の模索、それは印象派へとつながっていた。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub