ベンジャミン・ブリテン

べんじゃみん・ぶりてん  
ベンジャミン・ブリテン

D.マシューズ
中村ひろ子

四六 ● 272頁
発行日:2013年12月 ISBN:978-4-393-93578-1
Cコード:C0073

定価:本体2,600円+税

在庫あり

20世紀イギリスを代表する作曲家ベンジャミン・ブリテン(1913-76)の評伝。日本語で読める初めてのブリテン関連書です。
著者マシューズは、弟コリンとともに、晩年のブリテンの作曲上のアシスタントを務めた人物。
ブリテンの生涯を簡潔に、要点を押さえて概観し、主立った名曲の誕生の背景やその音楽の特徴、初演の際の反響などを紹介。
ブリテンがその作品で追い求めたものは一体なんであったのかを、同業の作曲家ならではの鋭い眼で描き出しています。

目次

(各章のタイトルはブリテンの作品名から取られている)

第1章 一人の男の子が生まれた
1913年、ローストフトでの誕生から王立音楽大学入学が決まるまで。
第2章 行って、遊んでおいで、坊や
王立音楽大学入学。マーラーらの作品との出会い。作曲活動の開始。
第3章 何よりも冷たい愛が
王立音楽大学卒業。父と母の死。ドキュメンタリー映画の劇伴の仕事を始める。ピアーズとの出会い。
第4章 アメリカは、君たちが決めたとおりの国になる
ピアーズと共に北米へ。
第5章 どこの港が平和を守ってくれるのか
良心的兵役拒否者として、創作・演奏活動に打ち込む。ティペット、デニス・ブレインとの出会い。《ピーター・グライムズ》初演。
第6章 固く結ばれた私たちの魂
《青少年のための管弦楽入門》。オールドバラに転居、翌年、オールドバラ音楽祭が始まる。
第7章 果てしない海原で
1951年《ビリー・バッド》初演。イモージェン・ホルストがブリテンのアシスタントとなる。《グローリアーナ》、《ねじの回転》初演。
第8章 眠りは癒しの力
レッドハウスでの暮らし。《ノアの洪水》初演。
第9章 平和の中で私は幻影を見つけた
ロストロポーヴィチとの出会い。チェロ・ソナタ、《戦争レクイエム》、《カーリュー・リヴァー》初演。
第10章 死が私に自由をもたらすだろう
手術と後遺症。《ヴェニスに死す》、《フィードラ》初演。その死まで。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub