トロンボーン奏者ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

とろんぼーんそうしゃならだれでもしっておきたいからだのこと  
トロンボーン奏者ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

D.ヴァイニング
菅裕
小野ひとみ監訳

四六倍 ● 176頁
発行日:2012年12月 ISBN:978-4-393-93565-1

定価:本体2,200円+税

在庫あり

好評シリーズの最新刊。

ボディ・マッピングで学ぶ、「身体の上手な使い方」。

身体の構造や機能(動き方)、大きさについて、正しい知識(ボディ・マップ)を身につければ、どこにも痛みや不快感がなく、望みどおりの音を響かせることができます。

ボディ・マッピングや身体全体のバランスの基本を解説し、呼吸法やアンブシュア、楽器の構え方、スライド操作法などを、具体的・実践的にアドバイスします。

最後の章では、実際に楽器を演奏しながら体感を探る、毎日の練習用の楽譜と図版がついています。

ロンドン交響楽団の伝説の名物奏者、デニス・ウィック氏推薦。


ブック・デザイン:高木達樹

推薦のことば(デニス・ウィック)

第1章 はじめに
第2章 ボディ・マップと筋感覚(キネステジア)
第3章 ボディ・マッピング
第4章 包括的認識力(ほうかつてきにんしきりょく)と建設的な休息(コンストラクティヴ・レスト)
第5章 脊柱(せきちゅう)
第6章 バランス
第7章 呼吸
第8章 アンブシュア
第9章 腕
第10章 脚
第11章 探求(毎日の練習用エクササイズ:楽譜つき)
1:〈建設的な休息〉とロングトーン
2:首振り運動とリップ・スラー
3:バランスと低音域での響きのある演奏
4:循環呼気[じゅんかんこき]
5:腹部のふくらみを本来の場所に!
6:声帯としての唇
7:舌の動き
8:アンブシュア均衡
9:胸鎖関節と肩甲骨とスライド操作
10:スライド・テクニック

付録:教育プログラム〈音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと〉について

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub