音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク入門

おんがくかのためのあれくさんだーてくにーくにゅうもん  
音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク入門

P.デ・アルカンタラ
小野ひとみ監訳
今田匡彦

A5 ● 448頁
発行日:2009年4月 ISBN:978-4-393-93495-1

定価:本体2,800円+税

在庫あり

基本原則から毎日の実践法まで――
これまでで
最もわかりやすく
最も具体的な
アレクサンダー・テクニークの決定版


装幀:本田 進



著者はチェリストであり、ベテランのアレクサンダー・テクニーク公認教師です。
アレクサンダー・テクニークの発想法やキイワードを、わかりやすくていねいに解説したあと、音楽の演奏にどのように活用するかを説明しています。
これまでのどの本よりも具体的で、テクニークの真髄がつかみやすい決定版。演奏家にかぎらず、すべての分野のパフォーマー(表現者)にお勧めしたい1冊です。



■アレクサンダー・テクニークへの期待■
監訳者の小野さんがレッスンで言っていた「頭を上に、前に」という言葉は、いま、私自身のふだんの生活や練習のなかにも生きています。アレクサンダー・テクニークはおそらく、習ってすぐに効果が出るものではなく、じわじわと蓄積されていくものでしょう。特殊なメソッドではなくて、ふだんの生活に ――立ったり座ったり、話をしたり――自然に結びついているところがこのテクニークの素晴らしいところだと思います。
本書は、音楽をする人に限らず、何かを表現しようと思うすべての人に読んでほしい書物です。

ヴィオリスト  今井 信子

目次

アレクサンダー・テクニークへの期待(今井信子)
刊行に寄せて(サー・コリン・デイヴィス)


第吃堯.▲譽サンダー・テクニークの基本原則


1 自己(セルフ)の使い方

心身の統合体としての自己/姿勢/リラクゼーションと緊張/使い方と習慣(癖)/あるピアニストの例

2 プライマリー・コントロール

チェリストの誤用(ミスユース)の例/プライマリー・コントロールとは?

3 感覚認識と概念形成――考えは感覚から生まれる

感覚認識は不完全/第6の感覚=固有受容感覚(筋感覚)/「体験←→考え」の悪循環

4 抑制(インヒビション)

誤用(ミスユース)をやめるには/ノン・ドゥーイングとは/ 抑制(インヒビション)のタイミング

5 方向性(ディレクション)

方向性と、瞑想やイメージ想起法との違い/解剖学・生理学の知識は「方向づけ」に必要か?

6 行為(アクション)

結果(エンド)と手段(ミーンズ)/ためらいと執着を捨てる/タイミングをはかる/他


第局堯.▲譽サンダー・テクニークのさまざまな取り組み(プロシージャー)


7 アレクサンダー・テクニークのレッスン

このテクニークは教育であってセラピーではない/エクササイズは存在しない

8 呼吸

呼吸を直接的にコントロールすることはできるのか/「呼吸の支え」とは?

9 モンキーとランジ 137

モンキーとランジで起こりがちな誤用(ミスユース)/ヴァリエーションと応用

10 腕と手 161

腕の力と強さ/歌う時の腕の使い方/「演奏には向かない」手?

11 囁く”アー

ヴァリエーションと応用

12 テーブル・ワーク

13 さまざまな取り組み(プロシージャー)の組み合わせ

14 自分で自分に働きかける

観察する、気づく、まねをする、練習する/特殊な状況と日常での適応能力


第III部 アレクサンダー・テクニークを音楽演奏に応用する


15 演奏のテクニックとは

コーディネーションの結果としてのテクニック/良いテクニックの特徴/テクニックを磨く

16 日々の練習

リズムについて/楽器を使わない練習・使う練習/練習時間と目的/暗譜

17 美的な判断

正しい? 間違い?/音楽解釈とエンド・ゲイニング/舞台での振る舞い

18 規範と逸脱

規範を洗練し、逸脱を予防する/作品の基本構造と装飾を見分ける

19 継続の中の切れ間

音を出さずに次の動きに備える/音を出さない練習をする

20 変数と定数

音楽作品の変数とは/練習法の具体例

21 トランポリン式の準備

自己(セルフ)の誤用(ミスユース)とテクニックの不安定さとの関係/動作の最終目的地を記憶させる/正しい音を弾かねばという発想をやめる

22 模倣について

誤用(ミスユース)があると模倣(まね)はできない/良い使い方の手本になるのは

23 あがり症

原因と対処法/自信をつけるには/薬(βブロッカー)の服用について


付録
A アレクサンダー・テクニークは治療法か教育か?
B よくある質問
C 創始者F.M.アレクサンダーについて
D 私のパンテオン――尊敬する音楽家たち

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub