巡り逢う才能 音楽家たちの1853年

めぐりあうさいのう  おんがくかたちの1853ねん
巡り逢う才能

H.マクドナルド
森内薫

四六 ● 384頁
発行日:2017年12月 ISBN:978-4-393-93208-7
Cコード:0073

定価:本体3,000円+税

在庫あり

ブラームスが一躍有名となり、ベルリオーズとワーグナーは長い沈黙を経て作曲活動を再開し、シューマンは作曲家としての活動に終止符を打つことになった1853年は、音楽の歴史に新たな幕が開かれた記念すべき年である。本書は、それぞれ「新しい道」を歩み始めた音楽家たちの交流の軌跡を追い、来たる盛期ロマン派音楽の胎動を臨場感たっぷりに伝える。鉄道網が整備され、人と情報の往来が格段に容易になった欧州を、音楽家たちが駆け巡る!

装画:IKE

目次

はじめに
第1章 ブラームスの旅立ち
第2章 再起をかけて
第3章 宮廷楽長フランツ・リスト
第4章 亡命者ワーグナー
第5章 新音楽の胎動
第6章 大学に憩い、ラインの川辺を歩く
第7章 保養地にて
第8章 "楽劇"が動き出す
第9章 カールスルーエ音楽祭
第10章 「新しい道」
第11章 古巣パリにて
第12章 すれ違い
第13章 三人目の「B」
第14章 冷たいライン川に
エピローグ

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub