ラモー氏の原理に基づく
音楽理論と実践の基礎

らもーしのげんりにもとづく  おんがくりろんとじっせんのきそ  
音楽理論と実践の基礎

J.L.R.ダランベール
片山千佳子 / 安川智子 / 関本菜穂子

A5 ● 272頁
発行日:2012年7月 ISBN:978-4-393-93196-7
Cコード:0073

定価:本体3,800円+税

品切・重版未定

18世紀以降の音楽の土台となった和声理論を本邦初訳。ラモーの詳細な理論を基に、「百科全書」編纂者ダランベールがまとめた平易な入門書(1752年刊)。西欧で大評判となって広く普及し、根音バスという考え方の受容に大きく貢献した歴史的文献。解題・索引付。

目 次

はじめに(訳者)

まえがき
導入部−−用語の定義
第1巻 和声理論
第2巻 作曲の主要な規則

付録A 原書巻末に付された図版 155
付録B 1762年版の序文 167

解題−−ダランベールとラモー
参考文献
欧文用語一覧
和文索引


装幀:高木達樹

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub