旋法論 楽理の探究

せんぽうろん  がくりのたんきゅう
旋法論

東川清一

A5 ● 184頁
発行日:2010年4月 ISBN:978-4-393-93026-7

定価:本体3,800円+税

品切・重版未定

誰もが知っているドレミファソラシド。
この身近な音階も、多くの紆余曲折を経て長い歴史の中で確立されました。
このような音階を作れる音の組織を旋法と言いますが、もとをたどれば古代ギリシア時代にその起源があり、千年以上の時をかけて、誰もがカラオケで歌えるドレミの旋法が作られたのです。
本書は、はじめに現代の旋法理論について概説し、グレゴリオ旋法から16世紀の多声部旋法までを概観する教会旋法理論、ルネサンス時代から中世の旋法理論、そして最後に古代ギリシアの音組織理論を解説。歴史を遡りつつ古代から現代を一刀両断します。

千年以上の時が流れても変わらない、メロディーを形作る原理とは……。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub