国家と音楽 伊澤修二がめざした日本近代

こっかとおんがく  いさわしゅうじがめざしたにほんきんだい
国家と音楽

奥中康人

四六 ● 276頁
発行日:2008年3月 ISBN:978-4-393-93023-6

定価:本体2,500円+税

品切・重版未定

◆2008年 第30回「サントリー学芸賞」〔芸術・文学部門〕 受賞!◆

明治維新期、急進的に西洋音楽を輸入した日本。しかしその目的は、西洋芸術音楽を吸収し芸術音楽家を育成することではなく、中央集権国家の確立と欧米並の文明国家としてのアピールを急激に実現することにあった。日本人が欧米のスタンダード音階(ドレミ)を歌えるようになること、有機的な国家意識をもつことなどが急務であり、恰好の教育手段として「唱歌」は使われたのである。「唱歌」の重要性を深く認識していた東京芸術大学音楽学部の創設者伊澤修二。その生涯を通して、当時の為政者側のもくろみを知り、国家形成に果たす音楽の役割を考える。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub