健康は〈眼〉にきけ 名医が教える眼と心のSOS

けんこうはめにきけ  めいいがおしえるめとこころのえすおうえす
健康は〈眼〉にきけ

若倉雅登

四六 ● 240頁
発行日:2011年4月 ISBN:978-4-393-71624-3

定価:本体1,700円+税

在庫あり

眼の異変を眼科医に訴えたのに、なかなかよくならない。挙げ句の果てに、たらい回しにされた。そんな経験はないだろうか。ひょっとしたらその異常、意外なところに原因があるかもしれない。
眼と心は密接につながっている。心のSOSが眼にあらわれることもあれば、眼の不調が精神的ダメージをまねくこともある。だから、眼球の問題と思っていたら大間違い、という場合も少なくない。
著者は、日本で最も歴史のある眼科病院・井上眼科病院の院長であり、眼と心、そして脳との関係に注目する「心療眼科医」の第一人者。私たちが(時には医者すらも!)誤解したり、軽視しがちなケースについて、35年の臨床経験をもとにていねいに解説する。
自律神経と瞳の機能。心身のアンバランスさが招く視力低下。現代生活が与える悪影響。眼精疲労と「疲れ目」の違い。発達障害と視覚の関係。子供の近視。ストレスや鬱との関連。老眼。病とむきあうメンタルコントロール……。
子供から大人まで読める、快適生活のための「眼と心の相談室」。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub