短歌を詠む科学者たち

たんかをよむかがくしゃたち  
短歌を詠む科学者たち

松村由利子

四六 ● 336頁
発行日:2016年10月 ISBN:978-4-393-44418-4
Cコード:0095

定価:本体2,200円+税

在庫あり

優れた科学者には素晴らしい歌人が数多く存在する。最先端の研究に従事する科学者が、千数百年も長らえてきた小さな詩型に自らの思いを載せるとき、言葉は不思議な輝きを放つ。折々に歌を詠み続けた7人の科学者の生涯をたどりながら、その歌ごころと研究の歩み、両面に迫る。

目次

第1章 理論物理学者の歌ごころ――湯川秀樹の場合
第2章 精神科医の日常の深みから――斎藤茂吉の場合
第3章 生命科学者を支えた歌――柳澤桂子の場合
第4章 物理の世界から科学ジャーナリストへ――石原純の場合
第5章 細胞のふるまいと歌の狭間に――永田和宏の場合
第6章 パリで詠み続けた女性物理学者――湯浅年子の場合
第7章 コンピュータの未来と短歌――坂井修一の場合

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub