白秋への小径

はくしゅうへのこみち  
白秋への小径

北原東代

四六 ● 240頁
発行日:2008年6月 ISBN:978-4-393-43630-1

定価:本体1,714円+税

在庫あり

詩人・北原白秋を義父と仰ぐ身となり、白秋研究をするに至った著者の思い出の哀歓。北原家へ嫁す契機にもなった禅哲学者・久松真一師や藤吉慈海師との出会い、そして結婚後の、義母となった白秋永遠の妻・菊子や夫・和析困箸箸發吠襪蕕靴親々をふり返る。「白秋」が面影にたつような珠玉のエッセイ。本文イラストはすべて、未発表の北原白秋自筆によるもの。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub