母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き

ははがおもくてたまらない  はかもりむすめのなげき
母が重くてたまらない

信田さよ子

四六 ● 196頁
発行日:2008年4月 ISBN:978-4-393-36625-7
Cコード:0011

定価:本体1,700円+税

在庫あり

「そんな結婚、許さない」「ママの介護をするのは当然。娘なんだから」「私が死んだら墓守は頼んだよ」…。そんな期待に押しつぶされそうになりながら、必死にいい娘を演じる女性たちがいる。それが「墓守娘」だ。なぜ母は娘を縛るのか。なぜ娘はNOと言えないのか。膠着した関係から脱出するには。当事者の証言を元に具体的な解決を見出す、かつてないほど希望に満ちた書。

関連書籍

さよなら、お母さん

さよなら、お母さん 墓守娘が決断する時

信田さよ子

定価 : 本体1700円+税

心の中での決別から・・・続きを読む

あなたのためなら死んでもいいわ

あなたのためなら死んでもいいわ 自分を見失う病「共依存」

水澤都加佐

定価 : 本体1700円+税

いつも相手に尽くしてしまう。大切にしたい、大切にされたい気持ちが強すぎて、関係が・・・続きを読む

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub