市民ホスピスへの道 〈いのち〉の受けとめ手になること

しみんほすぴすへのみち  いのちのうけとめてになること
市民ホスピスへの道

山崎章郎 / 二ノ坂保喜 / 米沢慧

四六 ● 272頁
発行日:2015年12月 ISBN:978-4-393-36540-3
Cコード:0011

定価:本体1,800円+税

在庫あり

いま、いのちは医療から市民の手へ――。もはや病院で死ぬことが難しいといわれる時代に、ホスピスは病院からコミュニティの中へ、そしていのちの担い手の主体は「市民」へと移ろうとしている。多死社会を前に各地で広がりつつある取り組みは、病、老い、障害、子育てによる孤立に直面する人々に勇気を与え、明日を照らす希望の光ともなる。ホスピスとは何かを問い続け、20年以上にわたり〈いのち〉の現場を見つめ続けてきた先駆者が実践をふまえ「市民ホスピス」という新たな可能性をひらく。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub