ジャンル >仏教/宗教> キリスト教

偉大な聖者たち

いだいなせいじゃたち  
偉大な聖者たち

W.ニック
石井良

四六 ● 544頁
発行日:2018年10月 ISBN:978-4-393-33365-5
Cコード:0016

定価:本体4,600円+税

在庫あり

20世紀前半に始まる新たな聖者伝の道を拓いた名著。西欧近代の精神史を辿るうえでも本質的かつ重要な視点が展開されている。"中世キリスト教の象徴"アッシジのフランシスコ(13世紀)から"神的な微笑"リジューのテレーズ(19世紀)まで、11人の聖者の生のありようを活写。この聖者伝の根底には、近代西欧の「世俗化」状況、聖性を欠く人文主義化状況に対する切迫した危機意識があり、この危機意識には、当然ながら近代西欧文明批判が内包されている。

目次

  序説 聖者という現象
1 中世のキリストの象徴……アッシジのフランシスコ
2 フランスの天使……ジャンヌ・ダルク
3 スイスのスタレツ……フリューエのニークラウス
4 セラフィムの炎……ジェノヴァのカタリナ
5 神との対話……アヴィラのテレサ
6 神秘主義の詩人……十字架のヨハネ
7 奇蹟の漁り……フランシスコ・サレジオ
8 カリスマに恵まれた痴れ者……コペルティーノのジュセッペ
9 プロテスタンティズムの聖者……ゲルハルト・テルステーゲン
10 照明を受けた痴れ者……アルスの司祭 ヴィアンネ
11 神的な微笑……リジューのテレーズ

  訳者あとがきと解題
  ヴァルター・ニックとその聖者伝の現代的な意義

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub