いのちの始まりの生命倫理 受精卵・クローン胚の作成・利用は認められるか

いのちのはじまりのせいめいりんり  
いのちの始まりの生命倫理

島薗進

四六 ● 336頁
発行日:2006年1月 ISBN:978-4-393-33247-4
Cコード:0036

定価:本体2,500円+税

品切・重版未定

国の「ヒト胚・ES細胞」をめぐる議論はなぜ挫折したのか。ヒト胚審議の経緯と、クローン胚研究の問題点を抉り、未来のあるべき「生命倫理」に向けて、新たな視座を提示。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub