ジャンル >哲学/思想> 哲学

哲学の始原 ソクラテスはほんとうは何を伝えたかったのか

てつがくのしげん  そくらてすはほんとうはなにをつたえたかったのか
哲学の始原

八木雄二

四六 ● 280頁
発行日:2016年7月 ISBN:978-4-393-32367-0
Cコード:0010

定価:本体2,700円+税

在庫あり

哲学は「知への愛」「真理の探究」といわれるが、本当にそうか? 哲学の始原をたどり、西洋哲学の代表となったプラトンやアリストテレスの系譜とは違う古代の豊饒な哲学世界を、ハイデガーなどとはまったく違う方向から掘り起こし、イエスの思想やキリスト教神学との関係、中世哲学への移行も視野に入れながら、プラトンによってかえってわからなくなっているソクラテス哲学の本当の意義を明らかにする。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub