ジャンル >哲学/思想> 哲学

宗教と〈他〉なるもの 言語とリアリティをめぐる考察

しゅうきょうとたなるもの  げんごとりありてぃをめぐるこうさつ
宗教と〈他〉なるもの

星川啓慈

A5 ● 352頁
発行日:2011年5月 ISBN:978-4-393-32333-5

定価:本体3,400円+税

在庫あり

ときとして人は神や来世を信じるが、では、なぜ神や来世を、存在するもの、リアルなものと感じることができるのか。そうしたリアリティを持つ者を、持たない者は本当に理解できるのか。人間のリアルを生みだすのは実は言語だ、という立場から、ウィトゲンシュタイン、シュッツ、オースティンらの哲学理論を縦横に用いて、宗教の真理や体験の本質を問い、リアリティを異にする者との意思疎通の問題――異なる宗教との対話や統合失調症者のリアリティ理解――にまで大胆に切りこんでゆく宗教哲学のスリリングな展開。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub