ジャンル >哲学/思想> 哲学

知覚のなかの行為

ちかくのなかのこうい  
知覚のなかの行為

A.ノエ
門脇俊介 / 石原孝二監訳
飯嶋裕治 / 池田喬 / 吉田恵吾 / 文景楠

四六 ● 440頁
発行日:2010年12月 ISBN:978-4-393-32314-4

定価:本体3,800円+税

在庫あり

突然爆発音が聞こえる、目の前を鳥がよぎるのが見える――われわれの日常感覚では、知覚とは受け身のものという印象が強い。しかし本書は、何かが見えているといった知覚でさえ、もっと能動的であり、あえていえば「行為」であると力説。実際には目はたえずすばやく動いているのに視角像は安定していること、何か映像を見ているとき映像の一部の色や形が徐々に変化してもなかなか気づかないことなど、多数の具体例をあげながら、知覚とは一種の行為であり、われわれの知覚経験はその行為(運動)の技能によって構成されるという「エナクティヴ・アプローチ」を提唱して話題の心の哲学のニューウェーヴ。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub