聖徳太子 実像と伝説の間

しょうとくたいし  じつぞうとでんせつのあいだ
聖徳太子

石井公成

四六 ● 264頁
発行日:2016年1月 ISBN:978-4-393-13587-7
Cコード:0015

定価:本体2,200円+税

在庫あり

東アジア仏教史、日本古代史、美術史、考古学等の最新成果を駆使し、聖徳太子の実像とその伝説化の過程を明らかにした画期的論考。聖徳太子虚構説では、〈聖徳太子〉は架空の存在にすぎず、実在したモデルは一王族でしかない「厩戸王」だったとするが、「厩戸王」という名は、実は戦後になって推定で作られたものであり、太子周辺の人々は太子を「仏に準ずる存在」とみなしていた。厩戸誕生伝説、「憲法十七条」、「日出処天子」国書、天寿国繍帳、三経義疏などに対する従来の見方は、本書によって一変するだろう。

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub