エロスとグロテスクの仏教美術

えろすとぐろてすくのぶっきょうびじゅつ  
エロスとグロテスクの仏教美術

森雅秀

A5 ● 280頁
発行日:2011年8月 ISBN:978-4-393-11631-9

定価:本体2,500円+税

在庫あり

インドの初期の仏教美術に見られるヤクシニーなどの女神像から、民間信仰の神々やヒンドゥー教寺院のミトゥナ像、日本の説話文学、中世の安産法、さらには異形の姿の密教仏にいたるまで、エロスやグロテスクとかかわりのあるさまざまな図像を、インドと日本の仏教美術の名品から選び出し、これらを通して、それぞれの地域と時代に固有の文化を知るとともに、全体を貫く普遍的な美意識や人間観を明らかにする。

【主要目次】
第1章 仏教は豊穣神から生まれた
第2章 愛を交わす恋人たち
第3章 僧院の中の女と男
第4章 説話文学と性のモチーフ
第5章 過剰な性がもたらす恐怖
第6章 安産法をめぐる考察
第7章 愛欲の弓矢

下記オンライン書店にてご購入いただけます。

amazon.co.jp 紀伊国屋書店 honto 楽天ブックス e-hon
セブンネットショッピング HonyaClub